序文

このエントリーをはてなブックマークに追加
                        序  文
日本無線航空会は発足して今年で54年目を迎えました。
ラジコン模型飛行機の普及を目的に飛行技術の向上と安全飛行への意識の高揚、及び愛好者間の親睦を競技会に求めて今日に至りました。
これもひとえに会員、選手の皆様のご支援、ご協力の賜物と考えております 役員一同、今年も一層の努力をして参る所存です。
検定会及び競技会は、選手の皆さんがラジコン模型飛行機による曲技飛行を演技クラス毎に技量を確認しながら、飛行演技が向上する様に開催してまいりました。
特に演技のレベルアップに力を入れ、日本選手権及び世界選手権に出場する選手を育てて きています。これからも、世界で通じる選手育成を目標に考えております。 また、ドローンも年々盛んになり、政府もだいぶ力を入れ専用電波なども考えているようです。きっとドローンは今後も各方面に活躍して行くでしょう。しかし私たちラジコンは逆にジャイロなど使用せず、頭脳と指先ひとつで飛行技術を争うスポーツです、だからこそ、そこに楽しさがあると思います。 使用飛行場の皆様には検定会、競技会で昨年同様、多くの書類の提出をお願いすることになります。また会員の皆様にも同様、多くの参加申込書の記入と25日前後の締切をお願いいたします。今年も検定会当日現地での申し込みは受付け出来ませんので、改めてご承知おき下さい。何卒宜しくお願い致します。 最後になりましたが、昨年は、ラジコン模型工業会様から協賛金を賜りました。また日本模型航空連盟より日本選手権予選に協力金を戴きました。この場をかりて御礼申し上げます。 今年も日本無線航空会をご支援いただきます様、宜しくお願い申し上げます。  平成29年1月吉日                              日本無線航空会                              会長 丸山 育男